超問題解決技法 RSS feed

超問題解決技法

コストはまだまだ下げられる…トヨタ方式、QCでは解決できない難題への対処

Leave a comment Continue Reading →

問題解決力を身につけた人の特徴

1.事象を明確に表現するようになる 先ず意見と事実を峻別して説明するようになります。 そして、その事実を大雑把ではなく正確に説明、表現する力がアップします。 1)主語を固有名詞で分解する。 例)A製品では何がおき、B製品では何が起きたのか、起きないのか 2)言葉の定義を意識するようになる 曖昧な解釈でなんとなく使っていた言葉について、この場面ではどういう意味であるのかを意識するようになります。 3)程度を確実に把握する 例)全部だめだったのか、6割程度か、 2.論考に論考を重ねるようになる 「要するに〇〇だ」と十把一絡で一刀両断するのではなく、主張したい論理を正確に組み立てて表現することで、 » 大雑把に物事を決めつけない » 思い込みの原因にとらわれない » 似て非なる原因に惑わされない » casino online 具体的で建設的な意見を述べる ようになってきます。 3.仮説を立てて実験する頻度が増える 分からないことを曖昧なままなままで突っ走るのではなく、不明点を細かい仮説に分解して実験によって検証していくようになります。 規模の大小問わず、優れた企業とは仮説検証のサイクルをスピディーに回していく行動習慣が定着しています。 なお、世間で言う、ロジックツリーやMECEは大事ですが、それは問題解決のほんの一部分のテクニックでしかありません。 最も重要なことは  1.問題を正しく定義し  2.プロセス(手順)に沿って議論し  3.きちんと事実確認や検証を行い  4.再度仮説を立て検証する という大筋のプロセスに従うことです。 製造業の製造・開発部門の方へ:トヨタ式、QC,でも解決できない問題については超問題解決技法へ

Leave a comment Continue Reading →